業務車両のガソリン代

弊社の業務車両に給油している燃油の種類に関しては、営業車にはガソリン
作業車両に関してはディーゼル車なので軽油となっている。
車両によって、燃費が大きく違ってくるし、一概にどの車両が燃油コストを
一番かかっているなどといえないところですが、
ガソリン等の経費を抑えるには給油専用カード法人選びの大事なポイントのひとつです。

最近のハイブリッドをはじめとした新しい技術の普及によって、
タクシーやその他営業車両等の燃費はかなりよくなっていますね。
従来のガソリン車当から比較しても買い換えする場合ならならガソリン代が1/2になることもあるそうです。

それでも社用車にかかる燃費は、やはりできるだけ小さくて
車両重量の軽いクルマほど燃油コストは少なく、車が大きく重い車種ほど
経費がかかり、燃費が悪くなるものです。会社としては出来るだけコストは掛けないで、
ガソリンカード等の導入によって業務の簡略化とコスト削減が実現できることが重要です。

営業車にかかる燃費は、クルマの燃料消費率をいいますから
タクシー会社や運送会社、宅配弁当の会社などなど法人が抱える
自動車を使っているところはガソリンカードの導入検討を前向きに行っています。